読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年

方針とか目標とか思いを巡らしてみる気になった。

方針

できればこういう風に行動したいという感じのやつ。これは以下の様な感じのものにすることにした。

  • なるべくupstreamに還元する

いままではコードを書いていてちょっとした問題があった時に、面倒くさがって黒魔術だったりmonkey patchだったりで解決して済ましてしまうことが多かったのだけれど。まじめにissueを立てたりPRを出すというような普通に社会に存在している人の振る舞いと同様のことをして行きたいかもという気持ちがようやく芽生えてきた。いわゆるそーしゃる活動とか言うやつです。そういう活動をやっていけたら良いなという感じ。

(ところで、この新年で、既に、redbaronというライブラリで、バグに遭遇したあとmonkey patchで済ませてしまってissueも作っていないみたいなステータスのものがある。)

方針だけでは後でどうしようかということを考えるのが辛そうなので目標みたいなものも立てたほうが良いらしい。そんなわけで目標みたいな形でも出力してみる。

目標

あんまり具体的になる気がしないのでふわっとしたままの状態。

  • 普通の人と接するインターフェイスを整える
  • 何かのプライベートな何かに所属する
  • 月1位の平均でPR出す位はしたい(方針のやつ)
  • 盆栽的なプロジェクトを持つ

普通の人と接するインターフェイスを整える

普通の人と接するインターフェイスを整えると言うのは、時勢とのズレを認識位はしておいた方が良いかもと思ったりしたし。せめてvmみたいなもので仮想的に普通の人をエミューレーション出来る程度にはなっておいた方が良いかなみたいな気持ちになった。もちろん、エミューレーションは普通の人のように振る舞える様になるだけなので、素で普通の人と同じ土俵で競い合うと言うのは不可能だし。暫くすると消耗して継続不能になるという状態にはなると思う。

何かのプライベートな何かに所属する

気持ち的に一人でやるとやっぱり気力の消耗みたいなものが多い感じはしている。あと、何かしらのプライベートな進捗があった時に発表できるような場があるとやっぱり便利な感じはしている(主にプライベートでの開発の話し)。先天的な欠陥なのか何なのか、残念ながら、物理的な座標を指定されて時間通りに目的地に辿り着くみたいなタスクが異様に苦手で消耗してしまうので、できればオンラインの活動が主の場所に所属したい感じ。

あと、意外と、自分では進んで触らなかったことなどが時折社会との接続により必要になることがあったりして、その経験が積めると便利みたいなことはあったりするのでやっぱり社会との接続的な物がなくなると良くないんだな〜みたいな気持ちになったりしたりしている(苦労は買ってでもしたくないけれど)。例えば、何らかのサービスの管理みたいなことはどこかでやってみたい感じがしている。基本的にはサービスを作ったり運用したりという何かしらの依存が増えるような作業を避けていたのだけれど。ちょっとしたチューニングのベンチマークや思いつきを試す実験場として自分で好き勝手触れるサービス的なものが1つあると便利かなーみたいな思いが出てき始めた。

月1位の平均でPR出す位はしたい(方針のやつ)

方針のやつ。upstreamに還元するので一番分かりやすいのはPRなような気がする。その過程で何か所属できる場所も見つかるんじゃないかな〜みたいな気持ちも少しだけあったりする。世のボランティア的な感じで無償で色々頑張っている人達すごいな~と思いながら見てきたけれど。そういう人々のモチベーションの源泉などを観察して取り入れられそうなものがあったら取り入れるみたいなことができたら継続できるのかもしれないというところ(継続できなくても自分には不適みたいなことが分かるので良さそう)。

盆栽的なプロジェクトを持つ

最近気づいたのは、絵を描く人のらくがきみたいな作業が精神の健康を保つのにとても有効ということで。何らかの老廃物を外部に出力するために行う作業を持つということが、人々の一人として生きて行くには必要なことらしい。一般には創作活動と呼ばれているものがそれにあたる事が多いような気がしているけれど。個人的にはコードを書くことがそれに当たるらしい。日々仕事でコードを書いているから家でもコードを書かなくても大丈夫という感じは全くないっぽい。

直近の刹那的な楽しさはらくがきでも良いのだけれど。少しだけ労力をかけて変更を重ねていき、ある時ふと振り返って後ろを見てみた時に、何らかの蓄積が存在していると良いことが多い気がしている。進捗とか呼ばれている気がするけれど。この進捗があると無いのとでは精神的な余裕が違うような気がしている。つらい気持ちになりたくないので余裕を持ちたい。そんなわけで進捗を出したい。

あと、知らない人と出会った時に「何の人?(どんな人?)」という質問にも答えやすい感じがある。そんなわけで今まで色々なところに目移りをしていきながらすぐに飽きるみたいなことを繰り返してきた感じがあるけれど。余暇時間の内の幾分かを特定のものに注力してみるということをしてみたいと思った。